初めてのベトナム旅行!フリープラン 覚林寺でベトナムの寺院とお経

こんにちは、草もちんです。
2017年9月に行ってきたベトナム旅行フリープランについてつづっています。

今回は旅行8日目②、ベトナム旅行現地滞在最終日、ホーチミン観光その7です。覚林寺(ヤックラム寺)について。

覚林寺はホーチミン最古といわれるベトナム仏教寺院だそうです。日本とは違うお経が聞こえてきて、不思議な空間でした。

ベトナム旅行の全行程詳細は以下の記事に。

ベトナム旅行フリープラン7泊9日の行程です。各都市間の移動時間、観光スポットやレストランなどの滞在時間やそれぞれの移動時間などの参考になるかと思います。▼目次 1~2日目ハノイ 3~6日目ホイアン、フエ 7~9日目ホーチミン
スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

▼目次

  1. 永源寺から覚林寺へタクシー移動
  2. 色鮮やかな七重の塔
  3. 仏像の上の不思議なものと音楽のようなお経

永源寺から覚林寺へタクシー移動

永源寺からタクシーへ乗り覚林寺へ。今回は信用できると聞いたタクシー会社の2つ目、メイリン(MAI LINH)タクシーを利用しました。所要時間20分、約550円。永源寺の前の道はわりと広い道で、タクシーもそんなに長く待たずにつかまえられました。

始めは大通りを走っていて、途中に線路があったり大きなビルがあったり。そのうち平屋や2階建ての小さな商店が並ぶ道へ入っていきました。日用品が売られていたり、飲食店があったり。今まではホーチミンの中心部しか見ていなかったので、結構ギャップがありました。

都会の部分と、ハノイで観た旧市街との中間のような街並みでした。相変わらず車、そしてなによりバイクが沢山。

色鮮やかな七重の塔

14時、覚林寺へ到着。街中にある寺院ですが土地は広くて木も生えており、喧騒から離れたいわゆる”お寺”という印象でした。

鳥居…?

これは鳥居…でしょうか?お寺の入り口にあるものと言えば鳥居だと思い込んでいるのですが…。ベトナムでは何と言うのだろうか。それとも鳥居ではなくて門?

淡いオレンジ色。永源寺の屋根瓦もオレンジ色でしたし、そういえばカンボジアやタイの僧侶もオレンジ色の袈裟(?)ですね。この色には何か意味がありそうですが…なんだろう。

日本のお寺のイメージは白黒モノトーンですが、国によって違っていて興味深いです。

外も内もカラフルな七重の塔

敷地に入ってすぐに七重の塔がありました。

逆光ですが…。それでも、赤、山吹色、深緑と下から上まで鮮やかに彩色されているのが分かります。屋根の端の部分(日本の寺院などの建築だと”隅棟鬼飾り;すみむねおにかざり”と呼ばれる部分でしょうか…?)には金色の龍が鎮座しています。くるんとしていますが、よくよく見ると龍。

草もちんは建築のことも仏教のことも門外漢でまったく知識がありませんが、純粋に建物を楽しむのは好きなのでまじまじと観ていました。

内部は土足禁止で、靴を脱いで入りました。

ここにも鮮やかな黄色の龍が。仏さまも肌は肌色、眉毛・螺髪は黒、唇は赤…とカラフルです。

右に上への階段があったので上ることにしました。7階か…。(すでに暑さでバテバテ)

各階には中央に色鮮やかな仏像が。

最上階へ行くと街並みが見渡せました。雨降りそう…。

初日から見ているるとおり、ベトナムの街の住宅はウナギの寝床。ほぼ例外なく同じような形をしていました。首都で人口密度が高いのもあるのか、戸建てに庭はなさそうに見えます。

あー…疲れた…(;´Д`)

もと来た階段を下り、外に出たところでこんなものを見かけました。

かごに入った大量のスズメ…。これは一体なんなのでしょうか…??

疑問は解決しないまま、寺院の奥へと進みました。

仏像の上の不思議なものと音楽のようなお経

不思議なもの…

またもや龍が。

ベトナムに来てからよく見かけている気が。日本ではこんなに頻繁に龍を見かけることはないですね。

このほかにも仏像がいくつかありました。

おや、と思ったのは、どの仏像も真っ白で、頭の上に大きな葉などの形をした傘があることです。後光がおそらく電気で光るものだと思いますが、その保護のため?それとも純粋に仏さまに雨水が当たらないようにするため?日本ではこういった傘はありませんね。

やはり海外に来るととてもおもしろいです!見たことのないものがたくさん。

これがベトナムのお経か~!

更に奥に進むと、ずっと聞こえていたお経の音源の建物にたどり着きました。内部はよく見えませんでしたが、きっと沢山のお坊さんがいるのでは。

ベトナムのお経は音に高低があり、なんだか民謡のようでした。不思議、不思議!今までに聞いたことのないものでした。

ああ暑い…ベンチに座って一休み(;´Д`)お経の声がよく聴こえる中、ベトナムの木に囲まれてベンチで休みます。なかなか無い体験だと思いました。

大変なミスをおかしてしまった!

もっと進むとまた建物があったのですが、門が閉まっている…?まあ色々観られたし、疲れたし、そろそろホテルへ戻るか…となりました。

後になって気が付きましたが……

ガイドブックに載っている一番観るべき本堂に行っていませんでした!!(;´Д`)

メインの、もっとも造りが美しい歴史ある本堂内部を観なかった…!不覚…!正直、七重の塔の見学で覚林寺の観光は終了したと思っていました…なんということだ…。

当時の夏バテへとへとなわが家はそんなこともつゆ知らず、境内から出て少し歩いた大通りでタクシーをひろいホテルへと向かったのでした…。ホテルまで25分。

所要時間35分間(14:00~14:35)。

次回はマジェスティックのアフタヌーンティや土産を買ったお店について。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする