初めてのベトナム旅行!フリープラン ホーチミンの永源寺

こんにちは、草もちんです。
2017年9月に行ってきたベトナム旅行フリープランについてつづっています。

今回は旅行9日目、ベトナム旅行現地滞在最終日、ホーチミン観光その6です。ホーチミンの中心地からタクシーで行ける永源寺と覚林寺へ行きました。仏教のお寺ですが、やはり日本のお寺とは雰囲気が随分違いました!今回は永源寺について。

ベトナム旅行の全行程詳細は以下の記事に。

ベトナム旅行フリープラン7泊9日の行程です。各都市間の移動時間、観光スポットやレストランなどの滞在時間やそれぞれの移動時間などの参考になるかと思います。▼目次 1~2日目ハノイ 3~6日目ホイアン、フエ 7~9日目ホーチミン
スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

▼目次

  1. タクシーで永源寺へ
  2. 日本のお寺とはまた違った趣 永源寺
  3. 永源寺本堂リベンジ(お昼休みは入れなかった)

タクシーで永源寺へ

ホテルのでの朝食を終え、チェックアウトして荷物を預けてからタクシーに乗って永源寺(ヴィンギエム寺)へ。タクシーはホテルのフロントで頼んで入り口まで呼んでもらいました。その方が安心です(ベトナムではぼったくりタクシー被害があるようなので…以前の記事にもちらりと書きました)。

2017年9月のベトナム旅行フリープランについて。旅行1日目、東京からハノイへの移動と、ハノイ着後に現地係員さんから説明された注意点。▼目次 1.東京駅から成田空港へ 2.ベトナムのお金について 3.ハノイ空港から市内へ~ぼったくりにご用心~

現地係員さんがアナウンスしていたタクシー会社、VINASUNを利用しました。タクシーに乗り、念のためメーターの部分を写真に撮りました(ガイドブックにそう書いてあったので)。ホテルから永源寺までは15分くらいだったかな…?カード払いができました。約700円

日本のお寺とはまた違った趣 永源寺

永源寺の本堂外観と七重の塔

12時、永源寺へ到着。お祭りのようなカラフルなランタンが飾られていました。空がにぎやか!

実際、なにかの行事?それとも毎日こうしてカラフルなのか…?ガイドブックの写真ではこの飾りや旗はなかったので、やはり何かのイベント時期なのでしょうかね。ちょうどわが家が旅行した時期はベトナムのお盆だったそうですが、それと関係あるのでしょうか…?

屋根の端が反っていて、瓦がオレンジ色で、いろいろ日本と違いますね。現地の人と思わしき人が黄色い長い線香をたくさん持ってお供えしていました。本堂に上がる前の駐車場の左側には、飲食店がありました。

階段を上り本堂へ向かうと…

おや?

扉がすべて閉まっている…?まさか休館日??(お寺だから館ではないが)

…と焦りましたが、ガイドブックをよく見ると11時30分から13時30分は開いていないことが判明!!(;´Д`) うっかりでした…

扉の窓には金色の蓮の花が。

扉の下半分は木で、こちらも蓮の花が彫られていました。蓮、蓮、蓮…。日本のお寺よりも多く蓮のモチーフを見かけました。

本堂の内部はこの時には観られなかったので七重の塔を先に観て、他で時間をつぶして再訪することとしました。

七重の塔。蓮の花もあっていい感じに撮れました。

やはり屋根の端が反っています。塔の窓部分はなにやらアーティスティックな印象の窓枠。それともなにか意味がある模様なのでしょうか…?よく見ると真ん中の仏さまのレリーフを挟んで左右対称の模様ですが。もしかして蓮の花と葉の模様かな…?

正面から。

オレンジ色の瓦が鮮やかです。日本のお寺ではたいてい黒いですね。

今日も今日とてよく晴れて非常に暑く蒸し蒸しで、すでにへとへとし始めていました…。本当に蒸し暑い、ベトナムの9月(でももしかして8月はもっと暑い?)

近くのコンビニへ

朝食が遅かったので空腹感がなかったので昼食は摂りませんでした。近くにレストランはありましたがカフェがなく…。

12時30分、ふらふら歩いているとファミマがありました。とにかく暑いのでそこへ避難!

日本と同じカラーの看板、店内には見たことないベトナム料理のお弁当…。外国のコンビニは面白いです。2階に広いイートインスペースがあったので、ベトナムらしいゼリーを購入して食べてみました。

紅茶色のゼリーで、中には白っぽい蓮の実と思わしき食材が入っていました。甘くておいしいですが、なんとなく薬膳料理のような感じの味。イメージとしては中華料理にある仙草ゼリーみたいな…?日本ではまず見ないゼリーだと思うので、コンビニに寄ってよかったなあと思いました。

裏の材料表示も撮影しておけばよかった…。

永源寺リベンジ(お昼休みは入れなかった)

13時10分、再び永源寺へ。本堂が開く前に鐘楼を観てきました。

日本のお寺から寄贈されたらしいです。見慣れた文字が。写真手前の右下の石碑には日本語で説明文が刻まれていました。

本堂が開くまで、蓮の花を観たり、下の階のトイレを借りたりしていました。

そしてやっとこさ本堂内部へ!13時17分には中に入れました。たしか、靴を脱いで入ったと思います。

おお…煌びやか…!仏様も金ぴか、目・唇・眉毛・螺髪も彩色されていて日本の仏像よりもカラフルです。後光は眩しく輝いていました(電気的に)。上部や左右の柱には漢字でなにやら書かれています。

ルーツが同じでも、日本に入ったのとベトナムに入ったのとで仏教寺院の様子はこうも違ってくるのですねえ。興味深い。

へぇー…と眺めて拝んで、永源寺観光終了。

滞在時間35分間(12:00~12:10、13:10~13:35)。

次回は覚林寺について。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする