初めてのベトナム旅行!フリープラン マスク着用とチェーナムボ

こんにちは、草もちんです。
2017年9月に行ってきたベトナム旅行フリープランについてつづっています。

今回は旅行7日目、ホーチミン観光その3です。ベトナム観光で感じたマスクの必要性と、有名なチェー店『チェーナムボ』について。ベトナムのぜんざい、チェーは優しい甘さで美味しかった!

ベトナム旅行の全行程詳細は以下の記事に。

ベトナム旅行フリープラン7泊9日の行程です。各都市間の移動時間、観光スポットやレストランなどの滞在時間やそれぞれの移動時間などの参考になるかと思います。▼目次 1~2日目ハノイ 3~6日目ホイアン、フエ 7~9日目ホーチミン
スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

▼目次

  1. ベトナム都市部の環境 マスクがあるといいかも
  2. ベトナムぜんざい”チェー”の人気店チェーナムボ

ベトナム都市部の環境 マスクがあるといいかも

統一会堂からチェーナムボを目指す

14時30分に統一会堂を出て、正面の大きい道レユアン通りをまっすぐ進みます。右手には聖母マリア教会(サイゴン大教会)が見えました。この日は昼食を摂っていなかったのと、暑くてばてていたので座って休みたいのとで、まずはチェーナムボをまっすぐに目指すことに。

道路は車の通りが多いです。もちろんバイクも。歩道もきちんとあるのでそれをまっすぐ、1.1㎞ほど歩きました。屋台や商店はあまりなかったかな。パッと見ではよく分かりませんでしたが、地図を確認するとフランスとイギリスの領事館がある通りです。

でも、なんだかこう、雑然とした雰囲気はそこかしこにあり、アジア~~!という感じです。日本とは違うな、旅行に来ているな~と実感しました。まあ日本もアジアですが。

あー、暑い、暑い…(;´Д`)そしてトンドクタン通りを左に曲がります。

バイクの多いベトナム都市部ではマスク必須かも

そういえばこれまで触れていませんでしたが、おびただしいバイクの走るベトナム都市部は、喉の弱い草もちんにとってはあまりよい空気といえる環境ではありませんでした。そのため、ハノイでもホーチミンでも蒸し暑い中マスクをしていました

ベトナムで見た交通事情については下記の記事に。

ハノイでのお宿はヒルトン・ハノイ・オペラでした。庶民目線で感想をつづります。朝ごはんおいしかった。また、ベトナムの交通事情は日本とは大違い!バイクがおびただしい数で走っています…!いやあこれには驚いた。日本では見られないものがたくさんあっておもしろい。

過去にはインド旅行中にデリーでもマスクをしていましたが、それでも咳とくしゃみと涙でちょっと辛かったです。ベトナムはそれほどでもないけど、でも外を歩いていると喉がガサガサ、詰まる感じになりました。

ただ、私だけでなく現地の人もバイクに乗っている人も、多くの人がマスクをしていました。使い捨ての白いマスクよりは、カラフルな模様の入った布製のMyマスク(勝手に命名)を使う人が多くてが印象に残っているくらい。北京や台北でも似たような光景を見たなあ。

空気が濁って見えるというか、排気ガスによるものなのかそれとも暑さによるものなのかなんなのか、遠くが少し霞んで見えます。

ホイアンやフエはさほどバイクが多くないのと、観光地は森や畑に囲まれていたりしたためか、遠くや空もきれいに見えました。マスクなしでも快適に過ごせました。(暑かったですが)

なんでここでそんな話が出たのかというと…

歩いていると見覚えのあるコンビニが。ここでマスクを新たに購入したのでした。汗でびっちょりだったので…(;´Д`)

今までファミマが多かったのでちょっと意外でした。

使い捨てマスクはベトナムメーカーのものと、日本メーカーのものとがありました。正確な値は忘れましたが値段が全然違った気がします。でも日本で買うのより高いとは思わなかったような…?どちらを買ったのかは忘れました(^^;)

ベトナムのコンビニで日本食が…?

マスクと関係ありませんが、おでんが!(入り口右下の白いポスター)

この写真を整理していて今はじめて気が付きました。ああ、食べればよかった!ベトナム風の味になっているのでしょうか、とても気になります。ポスターに載っているのは練り物系でしょうかね。1個7000~9000ドン(約35~45円)と現地価格です。

そして左のポスターには(おそらく)ONIGIRIの文字が!

ああ~マスクだけでなく食べ物も見ればよかった。まあバテていて当時は全然そんな元気なかったのも事実ですが…。どんな味付けか、具はなんなのか、気になります。ご当地限定品に目がないもので…。

マスクを付けなおし、チェーナムボを目指します。暑い…。

ベトナムぜんざい”チェー”の人気店チェーナムボ

ローカルな雰囲気

14時55分、チェーナムボへ到着。椅子が上がっていたのでまさかお休み…!?と思いましたが、入れてもらえました!スイーツ専門店というよりはローカル食堂の雰囲気。

ガイドブックにはチェー専門店とありましたが、料理もありそうです。

2階のテラス席へ案内されました。他にお客さんはいません。

…。暑い(;´Д`) 屋外なのでもちろんクーラーありません、扇風機も…。でも、疲れていたので椅子に座れて休めました。よかった…。

チェーは優しい甘さ めちゃくちゃ美味しい…

写真入りのメニューを渡されました。チェーの種類がたくさん!どれもおいしそうなので悩みます…。冷たい物も温かい物もあります。わが家は両方とも温かいのを選んだんだっけか…?海外旅行では氷が入っているものは避けていたので。

温かいチェー。生姜風味のやんわりした甘さのスープに白玉団子、上に白ごま。

大きい団子にはたしか餡が入っていたような…(たぶん)。

もうひとつはココナッツミルクのとろりとした甘いスープにキクラゲや豆の入ったもの。

ベトナムルール(?)にのっとり、スプーンはティッシュで拭いてから使用。

おいしい~~~!白玉はもちもち、ココナッツミルクもとろりとしていました。ベトナムぜんざい、といってもきっと例えようがないから”ぜんざい”というのでしょうが、日本の甘い甘い小豆のぜんざいと比べると、チェーは控えめな甘さでした。

チェーナムボのお会計は、正確な値は忘れましたが1品3万ドン(約150円)程度だった気がします

おいしかった…。ベトナムでチェ―を食べたのはこれでおそらく2回目(おそらく1回目はハノイのニャーハン・ゴンで食べたあの白玉デザート、だと思う)。もっと色々なチェーを食べたかった…。各レストランのデザートにもあるのですが、料理の量が多くてデザートまでたどり着けなかったなあ…(泣)。

レストランについては以下の記事に。みんなすごくおいしかったけどすごく量が多かった…。

2017年9月のベトナム旅行フリープランについて。今回は旅行4日目、ホイアンの貿易陶磁博物館と夕食のレストラン『リトル・ファイフォー』。貿易陶磁博物館は2階建ての古い民家で楽しめました。リトル・ファイフォーは高級感があり綺麗で美味しかった!
2017年9月のベトナム旅行フリープランについて。旅行6日目、ホイアンからホーチミンへの移動と、ホーチミンでのホアンイエンの夕食について。美味しかった!▼目次 1.ホイアンから空路でホーチミンへ 2.夜のホーチミンの様子 3.ベトナム料理レストラン『ホアンイエン』

ベトナムのお茶

チェーを食べているとサービスでお茶がもらえました。ベトナムに来てから何度か飲んでいるお茶です。きっと蓮花茶だと思われる。渋みの少ないさっぱりしたお茶で、色は凍頂烏龍茶のような薄い黄色。とてもいい香りがします!

旅行中にものすごく気に入ったので、お土産でも迷わず買いました。日本に帰国して少し後悔…もっと買えばよかった!!

本物の蓮茶は高級品らしいのですが(それが蓮花茶、蓮葉茶、蓮実茶のどれを指すのか知らないのですが)、私が買ったものはスーパーにもあるお手頃な蓮花茶でした。それであんなに美味しいなら1箱(ティーバック30個入りだったかな?)と言わず2箱、3箱と買えばよかった…。賞味期限は2年間でしたし…。

次にベトナムに来たら、今度こそ絶対にチェーをたくさん食べよう…。そして蓮花茶をたくさん買って帰ろう…。(探せば日本にもあるようですが)

滞在時間は14:55~15:20(25分間)。

ホーチミン観光、続きます。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする