初めてのベトナム旅行!フリープランで行ってみた 水上人形劇とチャーカーラボン

こんにちは、草もちんです。
2017年9月に行ってきたベトナム旅行フリープランについてつづっています。

今回はハノイ1日目の観光についてつづります。ベトナムの伝統的な水上人形劇と、ハノイの名物料理チャーカーラボンについてです。

9月のハノイは、日本と同じく非常に蒸し暑かったです(;´Д`) 夜でも。

ベトナム旅行の全行程詳細は以下の記事に。

ベトナム旅行フリープラン7泊9日の行程です。各都市間の移動時間、観光スポットやレストランなどの滞在時間やそれぞれの移動時間などの参考になるかと思います。▼目次 1~2日目ハノイ 3~6日目ホイアン、フエ 7~9日目ホーチミン
スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

▼目次

  1. タンロン水上人形劇
  2. 名物料理チャーカーラボン(チャーカ・ラヴォン)

タンロン水上人形劇

ホテルからハノイ旧市街へ歩き、17時20分からタンロン水上人形劇場でベトナム伝統の水上人形劇鑑賞

オプショナルツアーとして事前に予約

今回はフリープランだったので、ハロン湾クルーズのオプショナルツアーを日本でVELTRAから申し込んでおきました。水上人形劇はそれに無料で追加できたプランでした。
゜:*★ベトナムのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°
今回の旅では2人で約14600円(≒1人7300円)でした。※サイトではUSドル表示

リンク先を改めて確認しましたが(2018年5月現在)、少し値段が上がっていました。

ハロン湾クルーズは、乗るバスにやランチの内容によって値段が変わってくるようです。今回はおそらく一番安いバス&ランチ(^^;)詳細は以下の記事に。

2017年9月のベトナム旅行フリープランについて。ハロン湾クルーズはオプショナルツアーで申込んでいました。ハロン湾への道のりもベトナムらしくてたのしかったです。▼目次 1.ハロン湾クルーズのオプショナルツアーについて 2.世界遺産の絶景と船上の海鮮ランチ

申し込み&入金後、VELTRAから水上劇チケットについての案内がメールで届きました。チケットはホテルのフロントで受け取るようにとのこと。

メールからバウチャー(引換券)画面にリンクがあり、それをスクショ。念のため紙にも印刷して持っていきました。せっかく印刷したのでそれをホテルのフロントの人に見せて、チケットを受け取りました。

現地係員さんはつかないので、自分たちでホテルから歩いて劇場へ。

タンロン水上人形劇 ~ストーリーはさっぱりだが興味深い~

17時10分、ホアンキエム湖の北側にあるタンロン水上人形劇場へ到着。劇場の入り口は、たしかそんなに迷わなかった記憶が。周りにレストランやファストフード店などが沢山ある場所でした。イベント中だからか、歩行者天国でにぎやかにぎやか。

チケットを入り口で見せて劇場に入ると、自由席なのかみんなバラバラと座っていきます。到着したのが開演ギリギリだったので日本語のパンフレットをもらい損ねました…。日本人観光客も多かったし、欧米系と思わしき旅行客も多かったです。

ガイドブックなどには”ノンバーバルなのでベトナム語がわからなくても楽しめる”とありましたが、劇のストーリーは私にゃあさっぱり分かりませんでした!!(^^;)

でも、楽しめました!(どっちだ?!)

いやいや、日本では見ないペイントを施された不思議な人形たち、初めて見る楽器や初めて聴くベトナムの歌と音楽は興味深かったです

音楽は陽気な曲。歌は、台詞も交えているのだと思いますが(というか、すべて台詞なのかな?)女声の高い音でした。

劇が終わり、最後に演者たちが出てきたときは驚きました。本当に水に浸かりながら人形を操っていたのか…!!

滞在時間17:10~18:30(1時間20分、うち公演1時間)。

ベトナムの弦楽器 ダン・バウ

二胡のような弦楽器系の不思議な音の出るあの楽器はなんという名前だろうか…。

と思って調べてみました(今さら)。ベトナム特有の楽器、ダン・バウという一弦琴だそうです。弦が細くて遠くからはまったく見えないので、奏者は一体どうやって音を出しているのだろう…??と現地では思っていました。

楽器左側についている棒のようなものを左手でゆらしたり傾けたりして音を調節しているのは見えたのですが、右手は空中で何をしてるのだろう…と思っていたら、そちらに弦があったのか…。

この楽器は旅行4日目にホイアンでも演奏を聴くことができました。

2017年9月のベトナム旅行フリープランについて。旅行4日目、ホイアンの『伝統音楽コンサートと手工芸品ワークショップ』。ベトナムの伝統楽器の音色が楽しめました。▼目次 1.建物は築200年 2.音楽鑑賞直前のスコール 3.ホイアンで伝統音楽を聴く

名物料理チャーカーラボン(チャーカ・ラヴォン)

結論から言うと、とても美味しくて、とてもクセのある味(というか匂い)でした。(初めての本場ベトナム料理体験だったので、こういう印象だったのかも)

ミネラルウォーターと合わせて1人1000円弱

お店の雰囲気

ハノイではチャーカーラボンという魚料理が名物だとか。

旅行したらその土地の名物を食べたい奴なので、ここは絶対に行こうと思っていました。ガイドブックにはディナー要予約とありましたが、空港から送迎してくれた現地係員さんに聞いたところ「予約いらないヨ」とのことで…。あらら?

旧市街をガイドブック見ながら少し彷徨い、お店を発見。

19時、チャーカ・ラヴォン到着。古いベトナム式の建物のよう。1階は飲食店に見えなかったので戸惑いましたが、看板にはチャーカーラボンと書いてある(ように見える)。店員さんも出てきて2階の客席へ案内してくれました。

メニューはチャーカーラボンのみとのことで、ミネラルウォーターだけ追加オーダー。

店内は、予約が必要なお店だからどんなものだろう…と思っていましたが、とても、かなり、すごく、カジュアルなお店でした!

アジア旅行でお手頃カジュアルな飲食店に行ったことない人は、日本とのギャップを感じる可能性があります(^^;)

地元の(?)家族連れでにぎわっていました。この時は日本人はわが家以外いなかった。

店内は、暑かったです。とても。クーラー効いてるのかいないのか。客席フロアでは、店員のおばちゃんがエンボス手袋をして大量のブンを小皿に取り分ける作業を黙々としていました。

名物料理チャーカーラボン 独特な香りの魚料理

チャーカーラボンはライギョ(白身の魚)をターメリックなどで味付けし、卓上ガスコンロ上の平たい鍋で強火で煮込む料理でした。一緒に出てくるピーナッツ、香草(パクチー、紫蘇、ドクダミ※、未知の葉物野菜など)、ブン(米でできた白くて細い麺。もちもち触感)を、お椀で混ぜて食べました。※ベトナムのドクダミは日本のものと違はい、そのまま食べられる野菜のような感じです。

美味しい…けど、独特の香りがします。ニョクマム(ナンプラー)みたいな感じ…?変わった匂いの料理でした。塩加減はちょうど良かった!というか、ブンの量で味を調節できます。日本のご飯みたい。

ガスコンロの火が強いので、食べながらそのままにしておいたら最後の方は焦げました(;´Д`) 途中で火を調節すればよかった…。

ブンの量が多かったです(少し残ってしまったのでニョクマムで味をつけて完食)。お腹いっぱい。

次回はベトナムの飲食店や飲料やトイレなど、旅行中に気が付いた日本との違いについてつづります。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする