初めてのベトナム旅行!フリープラン トゥドゥック帝陵墓と装飾

こんにちは、草もちんです。
2017年9月に行ってきたベトナム旅行フリープランについてつづっています。

今回は旅行5日目、トゥドゥック帝陵の前半(務謙門、至謙堂、和謙殿)に続き、後半の碑亭と陵墓です。日本では見たことのない陶器のモザイク装飾が綺麗でした!さすがに皇帝のお墓です。

ベトナム旅行の全行程詳細は以下の記事に。

ベトナム旅行フリープラン7泊9日の行程です。各都市間の移動時間、観光スポットやレストランなどの滞在時間やそれぞれの移動時間などの参考になるかと思います。▼目次 1~2日目ハノイ 3~6日目ホイアン、フエ 7~9日目ホーチミン
スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

▼目次

  1. トゥドゥック帝の碑亭と陵墓
  2. 優美な皇后陵墓

トゥドゥック帝の碑亭と陵墓

皇帝の功績を記した碑亭

謙池を囲む道を西に向かって歩くと、林の中に碑亭が見えてきました。

帝の功績が書かれた碑石が屋根に守られ、中央に配置されています。碑文は読めませんが、周りの透かし彫り装飾は細かくきれいです。手前の手すりの緑と山吹色の瓦や透かし彫り(彫りなのか鋳造なのかよく分かりませんが)は釉薬が施され陶器と同じくつるつるしています。屋根の上には龍の彫刻が。

更に奥、西側を見ると同じ緑と黄色の陶器の装飾がなされた囲いが重なって見えます。

階段を上ったその先が陵墓です。この風景はものすごく、異国を感じました。時代も100年以上古いですし、タイムスリップしたかのような感覚です。

観光客が少なく、視界には自分たちしかいなかったので、南国の夏の日差しと木々の葉のかすれる音のなかに皇帝の墓が静かにたたずんでいる、そんな状況でした。(これがプライベートツアーの良いところ)

階段横の装飾。

今までは灰色の石と山吹・深緑の色だけでしたが、ここは橙色です。

トゥドゥック帝陵墓とその煌びやかな装飾

トゥドゥック帝陵墓の入り口。

これでもか、というくらい端からは端まで手の込んだ装飾が。深緑と山吹色は前述の陶器のようなつるつるの透かし彫り。その間に見える白っぽい部分は近くでよくよく見てみると、すべて藍色で絵付けされた陶器を細かく割ったものです。陶器のモザイク装飾ですね。

上の部分は中央に龍、左右に…なんだろう、狛犬のような麒麟のようなものが極彩色で描かれています。うおお、すごい門。

門をくぐり中に入ると、細かい装飾が施された壁のようなものが中央よりやや奥に置かれていました。

この奥がお墓ですが、皇帝の遺体は掘り起こされる危険性があるので実際にはどこに埋められているのか分からないらしいです。実際に埋められていなくてもお墓はお墓なので、その墓石を撮るのはなんとなくためらわれたため写真がありません。

この壁(?)のデザイン、ホイアンの旧家の中庭の壁にもあった屏風のような城壁のような形です。ずっと疑問なのですが一体なんの形なんでしょうか。英語が話せたらガイドさんに聞けたかも…。

優美な皇后陵墓

皇后陵墓の外観

皇帝の陵墓から東北方向にある皇后陵墓へ向かいます。奥に見えるのが皇后陵墓。

皇后陵墓の門。皇帝の門の上の部分は龍でしたが、こちらは鳥です。鳳凰でしょうか。

皇后陵墓内の装飾

門をくぐると先ほどと同じように豪華な装飾の石の壁が(上の写真中央にちらりと見えています)。近付いてみるとこんな様子です。陶器のモザイク。この装飾のために絵付けした陶器をバリバリに細かく割るのでしょうか…。

皇帝のところにあったものと違い、皇后だからか花や鳥が描かれた優美な模様です。

さらに奥にある空間には、墓石と、その後ろにまたモザイク壁画がありました。いやはや美しい。

顔を近づけてまじまじと見ると、無数の陶器の破片で造られていることが分かります。これは観られて良かった。

トゥドゥック帝陵の見学おわり

謙池へ向かい、トゥドゥック帝陵の東の壁に沿って務謙門へ歩きます。東側から見た謙宮門(奥)と愈謙榭(中央)と冲謙榭(右)。

水面に映る姿も美しいです。晴れていてよかった。

しかし何度も言いますが9月でめちゃくちゃ暑かったです。この1時間で既にバテています(;´Д`)

滞在時間10:40~11:40(1時間)。もっと時間があれば、鳴謙堂・愈謙榭・冲謙榭もじっくり観たかったです。

次回はドラゴンボートでフォーン川を進み、ティエンムー寺へ。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする