初めてのベトナム旅行!フリープラン ハイヴァン峠の絶景とビーチ

こんにちは、草もちんです。
2017年9月に行ってきたベトナム旅行フリープランについてつづっています。

今回は旅行5日目、ホイアンからハイヴァン峠を越えてフエ観光へ向かいます。ハイヴァン峠の下にはトンネルが通っていて、ホイアンやダナンからフエへ行く場合はトンネルを使うツアーが多いようです。峠越え、ちょっと大変でしたが眺めが良かったです!

ベトナム旅行の全行程詳細は以下の記事に。

ベトナム旅行フリープラン7泊9日の行程です。各都市間の移動時間、観光スポットやレストランなどの滞在時間やそれぞれの移動時間などの参考になるかと思います。▼目次 1~2日目ハノイ 3~6日目ホイアン、フエ 7~9日目ホーチミン
スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

▼目次

  1. ホイアンからハイヴァン峠へ
  2. ハイヴァン峠の激しい下り道とランコ―ビーチ

ホイアンからハイヴァン峠へ

朝早くホテルピックアップ

7時30分、フエ観光プライベートツアーのガイドさんがホテルのロビーへ迎えに来ました。前回の記事にもありますが、ベトナム人の英語ガイドさんです。

2017年9月のベトナム旅行フリープランについて。フエを観光するためのオプショナルツアーについてあれこれ調べたり考えたりした記事です。▼目次 1.古都フエのオプショナルツアー各社比較 2.フエ観光計画で悪戦苦闘 3.フエ観光は1泊2日ほしい

4人乗りの乗用車に乗り込みます。乗り心地は普通でした。自家用車って感じ。ドライバーさん、ガイドさん、わが家の4人で出発。

ホイアンから北上し、ハイヴァン峠へ向かいます。ホイアン市街を抜け、五行山を遠くに眺めながらダナンの街に入っていきます。高いビルがたくさん、リゾート地というかビジネス街というか。途中に大きな橋もありました。

海抜496mのハイヴァン峠 空と海の見える展望台

山道をぐんぐん登っていき、8時30分、ハイヴァン峠の頂上付近へ到着。レンガで造られたような古い建物がありました。近くには土産物店も。観光客は数人見かける程度でした。

建物は19世紀初頭に造られた砦だそうで、戦時中にも使われていたとのこと。今ではきれいな景色を見るための展望台です。階段を歩いていくと屋根の上に登れる場所がありました。手すりなどの落下防止の安全策はなにもないので気を付けて…。

晴れていてよかった!ビーチが見えました。ランコー村というところあるビーチ。

青い空と海が緑の山の間から眺められます。なんとも爽やか!

ハイヴァン峠の観光ポイントはこの古い小さい建物の外観と、フエ方面・ダナン方面の景色です。う~ん、これだけのために専用車をチャーターして観光に来る人はあまりいないかも…?ツアーに組み込まれていてラッキーでした!

ハイヴァン峠休憩所のトイレ

ここでトイレ情報です(観光地のトイレはレポートする草もちん)。お土産屋さんの裏にトイレがあるとのことで借りました。過去記事にも載せましたが、トイレの建物内を通っている水路(?)から手桶で水をくみ取り流しました。

はじめ見たときは戸惑いましたが水洗レバーはないし、手桶と水があるし、洗浄するにはこれしかなかろうという状況でした。トイレ自体は古いですがきちんと掃除されていました。ありがたや。

ベトナムのトイレについては以下の記事に。

ベトナムに限らずどこの国もそうですが、日本とはだいぶ違う習慣があるようです。 私は海外旅行経験が浅いですが、それで気付いたこと、感じたことをつづりました。 ▼目次 1.皿をティッシュで拭く 2.ベトナムのトイレ 3.ベトナムでの飲料水について

ハイヴァン峠頂上付近の滞在時間は15分ほど。(8:30~8:45)

ハイヴァン峠の激しい下り道とランコ―ビーチ

くねくね下り道、車酔い注意!

頂上観光を終え、ハイヴァン峠を下っていきます。…が、

くねくねした山道!いろは坂のよう!車のスピードは速いし、車酔いしやすい草もちんはけっこう危なかったです(;´Д`)

こんな登りも下りも大変なハイヴァン峠は、2005年にトンネルを通したとのことで、ほとんどの車はそのトンネルを抜けていくようです。トンネルであれば峠越えより40分時間短縮となります。たしかに峠の道中、あまり他の車を見ませんでした。

あとちょっとでマーライオンになりそうな草もちんでしたが、なんとか乗り越えました…。

渋滞?その先にはなんと…

峠のふもとにやってくると、海が見えます!海沿いに鉄道が敷かれていました。と、ここで前方の車が止まります。その先の車も、その先の車も…。

先頭は遠くて見えませんが、車が止まったのなら信号待ちかな?と最初は思いました。しかし、待てども待てども動きません。

信号じゃないのか?事故でもあったのか?何だろう何だろうと思っていたら…

横の線路を電車が走り抜けていきました。そしてしばらくしてから渋滞が動きました。

どうやら踏渋滞の先は踏切だったようです。

長い!!!(;´Д`)踏切が下りてから電車が来るまでが!めちゃくちゃ長い!!開かずの踏切のようでした!正確な時間は記録していませんでしたが、踏切で経験したことのない待ち時間でした…!

車が動き出し、踏切に差し掛かったのですが…おお、踏切は有人です!踏切を上げ下げする係りの人がいるようで、なにやら作業していました。係りの人が詰めている小屋もあります。踏切、手作業なんだ…!

旅行先ならではのおもしろい体験でした。いや驚いた。

ランコ―ビーチの青い空と海

さらに進むとビーチがよく見える位置で車が止まりました。撮影スポットだそうです。う~ん、きれい!白い砂浜が青い海に映えます!このとき9時05分。

ハイヴァン峠のトンネルに向かう長い橋もありました。海からのびる橋脚がだんだんと高くなっていくのが印象的です。ハイヴァントンネルは日本のODAで造られたトンネルだとガイドさんが説明してくれました。へえ、知らなかった。

それにしても美しい青です。晴れていてよかったよかった。暑かったですが(^^;)

このあと10時30分にフエの最初の観光場所へ到着します。それまでの約1時間半は寝ていました。朝5時半起床だったので…。

次回からフエ観光です。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする