初めてのベトナム旅行!フリープランで行ってみた ホイアン西エリア

こんにちは、草もちんです。
2017年9月に行ってきたベトナム旅行フリープランについてつづっています。

今回は4日目のホイアン旧市街観光です。前回の記事で書いた幻想的な夜景を楽しむホイアンとはまた違い、昼間は古い街並みと建築物が楽しめました!

ベトナム旅行の全行程詳細は以下の記事に。

ベトナム旅行フリープラン7泊9日の行程です。各都市間の移動時間、観光スポットやレストランなどの滞在時間やそれぞれの移動時間などの参考になるかと思います。▼目次 1~2日目ハノイ 3~6日目ホイアン、フエ 7~9日目ホーチミン
スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

▼目次

  1. チケットを購入し来遠橋・馮興家(フーンフンの家)へ
  2. ホイアンの西エリア 土産物通りから遊歩道へ

チケットを購入し来遠橋・馮興家(フーンフンの家)へ

ホイアンの観光チケット

ホイアンの観光には、5枚つづりの総合チケット(12万ドン≒600円)が必要です。各観光施設に入るときに、これを1人1枚受付に渡します。わが家は10か所を観光する予定なので、4セット購入しました。

19か所あるという観光施設は、だいたいが朝7時30分~17時くらいまで入館できました。中には、18時、19時まで開いているところもあり、ホイアン歴史文化博物館は21時までだそうな(そこまで長居しなかったので実際のところは分かりません)。

記憶が曖昧なのですが、たしかこの時にチケット売り場のスタッフから、日本語の観光パンフレットをもらったと思います(持ってけ持ってけ、と言う感じで渡されました)。

日本語のパンフレットとはありがたいですが、なんだかカタコトな日本語の説明文でした。これはこれで、海外旅行っぽくて良かったです。

来遠橋へ

10時20分、いい天気でした!暑い暑い!チャンフー通りを出て右に少し歩くと廣肇會館(こうちょうかいかん)が。色鮮やかな中華風の門の前で写真を撮りました。西から順に観光していくつもりだったので、中には入らず遠来橋に向かいました。

途中、見たことない物を写真に撮りながら歩きましたが5分ほどで到着。来遠橋(らいおんばし)は別名「日本橋」だそうで、400年ほど前にホイアン在住の日本人によって建てられたそうな。立派な屋根があります。

北側は小さなお寺になっており、仏像(?)がありその前にお線香がたてられていました。果物や花も供えられています。

つるしてあるランタンにはとても馴染みのある文字が!

見事な造りですが小さな橋で、滞在時間は5分間でした(^^;) 次は来遠橋を西へ抜けて馮興家へ向かいました。

馮興家(フーンフンの家)

10時30分馮興家(フーンフンの家)へ。200年ほど前に建てられた家。真っ黒な木の骨組みが美しいです!1階部分から天井まで吹き抜けになっていて、日本の古い建物と似ています。

ベトナム・中国・日本の建築様式が取り入れられているとのこと。日本と似ていて、日本と違います。面白いです。

ホイアンは洪水の被害が現代でもひどいそうですが、昔はもっと大変だったのでしょうね。この家に限らず、観光施設となっている旧家は洪水で1階が水浸しになり、人々は家財を持って2階に避難していたそうです。

ハノイの旧家保存館にもありましたが、黒い木でできた家具には繊細な彫刻と螺鈿細工が施されていました。草もちんは螺鈿が好きなのでじろじろ観ていました。(あれ高かったんだろうな…。今でも高そうだな…。)

ベトナム旅行で観たこうした旧家の黒い木造り・黒い家具・その中で光る白い螺鈿細工、というのがとても印象的でした。きれい。

ところで黒い木、黒い木と連発していますが、この木なんの木きになる木です…なんの木材なのかさっぱり分かりません…。ガイドブックやweb上の観光案内サイトでは説明が見つけられませんでした。もともと黒いのか、それとも煤やタンニンで黒くなったのか…??

こちらの家には、日本で言うところの神棚のようなものがありました。とても煌びやか。

2階のベランダからはホイアンの街並みが見渡せます。他に観光客もおらず、この視点からのホイアンは貴重かと思い、堪能しました。(残念ながら写真がない…)

滞在時間10:30~10:40(10分間)(予想より短い!)。

ホイアンの西エリア 土産物通りから遊歩道へ

お土産店などが並ぶグエンティーミンカイ通り

馮興家を出て右に曲がりホイアンの西の通り、グエンティーミンカイ通りを歩きました。途中に郷賢祠(カムホー寺)があります。こちらもまた華やかな門でした。

ガイドブックに説明がなかったので、観光できるのを知らず門だけ撮って中へは入りませんでした…。フォートラベルには郷賢祠の口コミが載っていました。観たかったなあ。

通りを抜けると、チケット売り場がありました。その前を通り北に向かいました。

そろそろトイレ休憩…

11時00分、そろそろトイレに行きたいと思っていた矢先に、なんだか立派な建物が。

しかし、誰もおらずなんの建物だか分かりません。わが家が持って行ったガイドブック『地球の歩き方』2014~2015年版には載っていませんでした(古い(;´Д`) この古さで困ったことについては以下の記事に…)。

2017年9月に行ってきた初ベトナム旅行フリープランについて。海外旅行ビギナーな草もちんが旅行先のベトナムで見舞われた小さなトラブル▼目次 1.ハノイ2泊では時間が足りない…かも 2.9月の蒸し暑さに要注意 3.ガイドブックが古いと少し後悔する 

トリップアドバイザーの地図によると、”The Center for Culture and Sports of Hoi An city”とのこと。ホイアン市文化スポーツセンターでしょうか?

ここにトイレがあったのでお借りしました。掃除直後だったようで床は濡れていましたが比較的きれいです。ペーパーは無かったかな…。飲食店以外できれいなトイレは貴重です。ありがたや。

いやしかし…暑い…天気が良く観光日和で素晴らしいことだけどアラサー文化系夫婦、バテバテです。

トゥボン川を渡りアンホイ島の遊歩道へ

センターを出て、トゥボン川の上の自動車も通る大き目な橋を渡り、11時15分アンホイ島へ到着。左側に遊歩道があり、ふしぎな鶏のオブジェなどが飾られていました。2017年と書かれた鶏の看板も。

なぜ鶏…?と思ったのですが、2017年で鶏…干支か!?と気付きました。ベトナムも十二支があるようです。起源は中国で、日本と同じですね(十二支の動物は少し異なるところがあるようですが)。親近感が増しました。

アンホイ島から見た対岸のホイアン旧市街。異国情緒にあふれていました。

遊歩道にはベンチがあり、そこでしばし休憩。暑い…(;´Д`) ベトナム中部のホイアンは9~11月が雨季なので、へたしたら大洪水だって起きかねません。そんな時期だというのに、観光中に大雨に降られないことはとてもありがたいことなのですがね。

ただ、ホイアン上空には青空が広がっていますが遠くの方で雲が見えました。(この後、スコールに遭遇します)

今後は均勝號(クアンタンの家)進記家(タンキーの家)、昼食レストランのバーレー・ウェルをつづります。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする