初めてのベトナム旅行!フリープラン ホイアンのランタン祭り

こんにちは、草もちんです。
2017年9月に行ったベトナム旅行フリープランをつづっています。

今回は4日目のホイアンのランタン祭り、夕食に利用した人気店チュンバックのことが中心です。ホイアン旧市街の夜、素晴らしかったです!!この旅行の中で一番感動しました!!


今回のベトナム旅行の全行程詳細は以下の記事に♪

ベトナム旅行フリープラン7泊9日の行程です。各都市間の移動時間、観光スポットやレストランなどの滞在時間やそれぞれの移動時間などの参考になるかと思います。▼目次 1~2日目ハノイ 3~6日目ホイアン、フエ 7~9日目ホーチミン
スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

▼目次

  1. ハノイからホイアンへ
  2. ホイアン旧市街のランタン祭り
  3. ホイアン旧市街で夕食~人気店チュンバック

ハノイからホイアンへ

ハノイからダナン国際空港へ

11時50分にヒルトンハノイのロビーへ現地係員さんがやってきました。バスに乗り込みます。途中、他のホテル前でも止まり複数人をピックアップ。

インターコンチネンタル・ハノイ・ウエストレイクにもよりましたが、ここが一番ゴージャスなホテルだったかな…。観光スポットからは離れていて、静かな立地のようです。

12時30分、ノイバイ国際空港へ到着。日本で事前に旅行会社から送られていたEチケット控えをチェックインカウンターへ持って行き、搭乗券と引き換えます。

14時に搭乗。15時20分、ダナン国際空港へ到着

ダナン国際空港からホイアンへ

新たな現地係員さんと合流。今回はわが家だけでした。

15時50分、4人乗りの乗用車へ乗り、現地係員さんと雑談しながらホイアンへ向かいます。ダナンは商業都市で、高いビルが沢山建っていました。結婚式場らしきものも見かけました。

道すがら、建設途中の巨大リゾートホテルがありました。遊園地も。この遊園地(アジアパーク)の観覧車は、もともと日本の滋賀県の遊園地にあったものだそうです。おお、こんなところに日本のものが…。

五行山という大理石でできているという山も見えました。別名、マーブルマウンテン。見た目は普通に木の生えた小さな山々ですが、近くに大理石工房がありました。

ビル群を抜け、建設現場を横目に長いまっすぐな道を通り、だんだんと道が狭い田舎町のようなエリアへ。ここがホイアンかな?さらに走り、ビーチと多くのリゾートホテルが現れます。16時30分、ホテルに到着

今回のお宿はサンライズ・ホイアンです。このホテルもこの旅行で一番良かった!今後記事をつづります。

チェックインしてホイアン旧市街への無料シャトルバスを予約します。要予約です。けっこう混んでいて、帰りは21時30分のバスを予約したかったのですが満席。20時30分を予約しました。

無料シャトルバスの時刻表については以下の記事に。

2017年9月のベトナム旅行フリープランについて。旅行4日目ホイアンの夜と、3泊したホテル『サンライズ・ホイアン』。▼目次 1.ホイアンの夜とホイアン周辺の観光について 2.リゾートホテル『サンライズ・ホイアン』は快適!

ホイアン旧市街のランタン祭り

ホイアンの夕暮れ ランタンがものすごく綺麗

17時20分、ホテルからシャトルバスで到着。バスは観光中心地の外れにあるレストラン・土産物店の駐車場に止まりました。ファンチューチン通りの南側で、ハイバーチュン通り寄りの場所です。

そこから歩行者天国の観光中心地まで、迫りくるバイクと車に圧倒されつつ進みます(信号がない(;´Д`)) ベトナムのバイクについては過去の記事に…。

ハノイでのお宿はヒルトン・ハノイ・オペラでした。庶民目線で感想をつづります。朝ごはんおいしかった。また、ベトナムの交通事情は日本とは大違い!バイクがおびただしい数で走っています…!いやあこれには驚いた。日本では見られないものがたくさんあっておもしろい。
ホイアン旧市街へは自動車・バイクは時間帯により進入禁止となっています(8~11時、14~14時半、18時半~21時)。ホッとしながら観光。進入可の時間帯も、バイクをちらほら見たくらいで、車はめったに通っていなかったです。

そして、やってきました世界遺産のホイアン旧市街!素晴らしい!

歴史的町並みや建造物が大好きな草もちんは大興奮です…。ハノイ旧市街の旧家保存館のように、黄色い壁と黒い木で作られた間口の狭い家々が沢山。200~300年前のベトナムの街並みが広がります。日本で例えるなら京都の祇園のような感じ。

ホイアンと言えばランタン。ランタンを店先に沢山飾ってあるお店もあれば、上を見上げると建物の間にランタンがつるしてあったり、街のいたるところに飾ってあります。夜はそれらに灯りが点くので幻想的です。

かわいい。めちゃくちゃかわいいです!

ランタン祭りは満月の夜

ホイアンのランタン祭り(ランタンフェスティバル、フルムーンフェスティバル)は満月の夜、旧暦の14日に毎月行われています。普段のホイアンの夜も先述の通りランタンの灯がとてもきれいなのですが、ランタン祭りではランタン以外の街灯は消されます。

そのため、暗い空間に満月とランタンの灯が浮かび上がる幻想的な夜になります

まあ、実際には飲食店などの店内が明るいのでそこから光がある程度漏れますが、それでもかなり暗いです。

ホイアン旧市街の南にあるトゥボン川沿岸の夜景が特に素晴らしい!これは次回の記事にて。

ホイアン旧市街で夕食~人気店チュンバック

ホイアンの三大名物料理

カオ・ラウホワイト・ローズ揚げワンタン。これがホイアンの三大名物料理です。

カオ・ラウは米麺。具だくさんうどんのような料理。ホワイト・ローズはエビのすり身入りのシュウマイのようなもの(皮は米粉でできている)。揚げワンタンは豚ひき肉とエビのすり身が入っています。

わが家はカオ・ラウを後述するチュンバックと翌日(4日目)夜のリトル・ファイフォーというレストランで、ホワイト・ローズはチュンバック、揚げワンタンはリトル・ファイフォーで食べました。リトル・ファイフォーについては以下の記事に。

2017年9月のベトナム旅行フリープランについて。今回は旅行4日目、ホイアンの貿易陶磁博物館と夕食のレストラン『リトル・ファイフォー』。貿易陶磁博物館は2階建ての古い民家で楽しめました。リトル・ファイフォーは高級感があり綺麗で美味しかった!

美味しくお手頃!チュンバック

チャンフー通りの土産物店や観光名所を眺めながら歩き、ベトナム料理店チュンバックを探します。ハイバーチュン通りから左に曲がってきたから、このチャンフー通りの右手にあるはず…。が、またもや通り過ぎました(;´Д`)地図を見ているのになぜ…。

クアンタンの家(均勝號)まで来て、「あれ、もしや通り過ぎた?」と気付き引き返しました。クアンタンの家は道が交差する角にあるので、それで気付きました…。

17時50分、チュンバックへ。お昼は適当なお菓子しか食べていなかったのでお腹はぐうぐうです。店内は100年以上前の建物を改築した渋い造り。黒い木で出来ています。

早めの夕食かと思っていましたが、わが家が入った時点でほぼ満席でした。

注文したのはカオ・ラウ(手前右)、ホワイト・ローズ(手前左)、バインセオ(奥左)、あともう一品(奥右すみません忘れました)とココナッツウォーター

ここも値段記録を忘れましたが、とてもお手頃だった記憶があります。二人で2000円もいかなかった気が…。

『地球の歩き方』によれば、カオ・ラウもホワイト・ローズもバインセオも各4万ドン(≒200円)という驚異的な価格。多分このなぞの1品もそれくらいかと。

草もちんの大好きなバインセオは、ここのもすごくおいしかったです!

カオ・ラウは伊勢うどんがルーツだとか。米で出来た太めの麺で、コシはなくもちっ、むにっとした食感。具だくさんで、美味しかったです。

ホワイト・ローズは…うーん、美味しかったと思うのですが、正直なところ印象が薄いです。名物料理なので一度は食べようと思っていたましたので、食べられて良かった。もう一品の謎の料理、これも美味しかったです。ただ、やはりあまり覚えていません(^^;)

ココナッツウォーターはベトナムの色々なお店にありました。ヤシの実がドン!と出てきます。上が切り取ってあり、ストローをさしてそのまま飲みます。

全体的にすごくおいしかったし、4品を2人で食べてちょうどいいくらいの量でした。色々食べられて良かった!

次は、灯篭流し体験とアンホイ橋を渡るまでをつづります。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする