ワンオペ里帰り無し出産対策 食事編①~宅配弁当を試食して比較~

こんにちは、草もちんです。

妊娠20週時点で切迫流産になってしまったので、医師から家事は控えるようにと言われました…(;´Д`)そこで、産後にとる予定だった宅配弁当を試してみることにしました。

わが家は産後はワンオペ・里帰り無し出産になります。そのいきさつについては以下の記事に。

わが家は出産後はワンオペ必至です。出産後1ヵ月は里帰りをしようと考えていましたが、それができなくなった…!▼目次 1.夫は激務、家事育児なんて頼めない 2.「私は産後1ヵ月で職場復帰した」姑の列女伝と里帰り猛反対 3.実母の手伝いはあまり期待できない 4.ワンオペ里帰り無し出産対策

今回、コープデリセブンミールの2つを利用したので、妊婦・授乳婦に必要な栄養量との照らし合わせ、およびメリットとデメリットをつづります。

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

▼目次

  1. 宅配弁当の共通点と妊婦に必要な栄養について
  2. セブンミール  登録・注文してから配達までが短期間!
  3. コープデリ(デイリーコープ)はコスパ良し
  4. まとめ 結局私が選んだのは

宅配弁当の共通点と妊婦に必要な栄養について

共通点

セブンミールとコープデリの便利な宅配弁当における共通点です。

・玄関まで届けてくれる。
切迫流早産や産褥期の動けない時にありがたい。

・レンジで温めるだけで食べられる。
同じく、動けない時期にすぐ食べられるのは便利。

・ご飯付きで価格が500円台。
一番安い弁当メニューで。(そのほか、価格帯は上がりますがおかずが豪華なものや、おかずだけなどの弁当メニューもありました)。

・栄養・野菜の量などに配慮されている。
ファストフードや普通のコンビニ弁当よりは栄養面で良さそうです。

・サイドメニュー・食材も一緒に頼める。
メインの宅配弁当と同時に、牛乳、ヨーグルト、卵、パン、サラダ、惣菜などが注文できます。

あと、私としては両方ともスマホからだと注文画面がすこし見づらいです…(;´Д`)PCからのほうが操作が楽かも。

妊婦・授乳婦に必要な栄養量について

自分ひとりなら好きなもの食べていいかと思いますが、自分が妊婦(授乳婦)だと赤ちゃんのことを考えた食事を摂りたいなあと思い、こちらも調べてみました。

厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015年版」より 1日に必要な量

●30~49歳女性(非妊娠時、事務職や子どものいない主婦)

1750kcal、蛋白質50g

●妊婦・授乳婦(上記に追加する量)

エネルギー(kcal):初期50、中期250、末期450、授乳婦350

蛋白質(g):初期0、中期10、末期25、授乳婦20

●女性全般

塩分(※食塩相当量):7g未満

野菜量:350g

ということは、妊娠中期だと1食あたり

700kcal、蛋白質20g、塩分2.3g未満、野菜120g

くらいだということですね。まあおやつも食べるでしょうし、朝食はそんなに多く食べないのでガチガチにこの基準にしばられる必要はないとは思いますが…。

妊娠中は塩分に気をつけろとよく言われるので(妊娠高血圧症候群予防のため)、味の濃いお弁当は避けたいところ。

セブンミール 登録・注文してから配達までが短期間!

価格・内容・栄養量

名称:おまかせ御前2018年11月19日から日替わり弁当に名称変更
価格:税込510円2018年11月19日から税込540円に変更
栄養表示(平均):560kcal、塩分2.7g以下、野菜100g以上(いも・きのこ・豆類を含む)→2018年11月19日からの記載がないため野菜量不明
内容:ご飯170~220g・主菜1品・副菜3~4品→2018年11月19日からご飯200gに統一(白ご飯・麦飯・雑穀米から選択)

私が注文していたおまかせ御前は2018年11月19日から他のお弁当と統合されて日替わり弁当に変更となるのですね…。あらら。

栄養量の平均が見つけられなかったので1週間分のメニューで平均を算出してみたところ、

約580kcal、蛋白質19g、塩分2.7g でした。

う~ん、エネルギーと蛋白質は良い感じですが、ちょっと塩分多めですかね。野菜量は今のところ記載がないので分かりませんが、以前(おまかせ御前)は100g程度だったので、それを思うと塩分なくても摂れる野菜ジュースかミニトマトでも追加したいところ…(実際、私は野菜ジュース飲みながら食べてました)。

メリット

※以下は2018年10月時点での「おまかせ御前」についてです。

web上で簡単に無料会員登録でき、その日から注文可能(布団に横になりながらスマホで登録・注文しました)。希望する店舗からの配達を頼めます。セブンミールに登録すると自動的にイトーヨーカドーのネットスーパー等も登録されます。

前日の午前10時30分までに注文すれば翌日配達。→2018年11月19日から3日前の午前10時30分に〆切変更となりました。

単発(1日のみ)の注文ができる

・土日も配達がある。

昼便(正午ごろまで)、夕便(19時ごろまで)が選べる。

・ご飯が「白ご飯」または「雑穀米」から選べる(価格は同じ)(11月19日からは「麦飯」も)。

・頼めば割り箸も付けてくれる。

・セブンイレブン(web上)で販売している食品以外のものも一緒に頼める。ウエットティッシュなど。

・クレジットカード決済できる。カードのポイントを貯めたい派なので…

デメリット

・(あくまで私の味覚でのことですが)味に飽きる
毎日違うメニューのはずなのに、なぜかみんな同じ味に感じてきます…。高頻度でお弁当に入っている炒り卵(?)も飽きてしまいました…。

・セブンミール(弁当)は1,000円以上注文しないと配達してくれない

・注文金額にかかわらず配達料一律216円がかかる。

・つまり、1回あたりの価格としては弁当540円×2つ+配達216円=1296円となる

・玄関で直接受け取らないといけない。
もしも配達時に不在だったら店舗に持ち帰ってしまうので、店舗に取りに行かなければいけない。これは産後に赤ちゃんから手が離せないときなどに困ります。

・毎回(もしくは毎週)手動でweb注文する必要あり

・ゴミがかさばる(お弁当ケース・割りばし・入っていたビニール袋。まあ普通にコンビニ弁当を購入したのと同じ状況です)

コープデリ(デイリーコープ)はコスパ良し!

名称:舞菜弁当
価格:税込578円 ※2人分と3人分の場合は合計金額から26円ほど割引になる
栄養量:500kcal、塩分3g以下
内容:ご飯150g・主菜1品・副菜4品

実際に食べてみると薄味で、表示も3gまではなかったです。1週間分のメニューで蛋白質・塩分(食塩相当量)の平均を算出してみたところ、

蛋白質約15g、塩分2.4g でした。

高齢者向けとあってエネルギー・蛋白質ともに少なめです。蛋白質の入ったヨーグルトや牛乳などをおやつで補うと良いのかも。

野菜量が不明確ですね。ただ印象としては、ご飯・主菜以外はほぼすべて野菜・きのこ・海藻のおかずだったので多いような感じでした。

メリット

・(私の味覚からすると)飽きが来ない
薄味だからでしょうか、私の場合はセブンミールと違いコープデリ弁当は飽きませんでした。上の週の計算では塩分平均2.4gでしたが、2g未満が続く日もありました。これがどれくらい薄味かというと、一般的に薄味だと言われる病院給食(1日約8g)のなかでもさらに薄味の減塩食(1日6g未満)と同じレベルです。滋味あふれる…という感じ。

配達料がかからない

不在時には宅配ボックスに保冷剤とともに入れておいてくれる

事前に頼んでおけばインターホンをを鳴らさないで宅配ボックスに入れておいてくれる
産後、赤ちゃんを寝かせておきたい場合は契約時に頼んでおくことができます。

・注文パターンを決めておけばその後も自動的に注文が続く(例えば月水金に舞菜弁当各2食、など。休止や変更はweb上から可能)

・ゴミがほとんど出ない(お弁当ケースはかるく水洗いして次回返却。渡されたビニール袋に入れ直して返却できる。出るごみはお弁当を包んでいたラップだけ)

デメリット

生協入会・注文から実際の配達までにかなり時間がかかる

webからの申し込み~実際の配達までに2週間強かかりました…(;´Д`) 流れとしては、
①入会するためにweb上から申し込み→電話がかかってきて説明スタッフの訪問日時を決める
②スタッフが説明に来て、契約書を書いたり出資金(500円。退会時に返却される)を支払ったりなど。(私の場合、web申し込みの翌日に来てもらいました。お弁当:デイリーコープと、食材配達:ウィークリーコープを同時に申し込んだのもあるので説明を聞くのに1時間程かかった…腹痛で辛かった…)
③会員登録に時間がかかり(1週間くらい)、注文は会員登録完了後から。

・注文〆切は5日前と早い(※しかも5日前の午前2時が〆切なので、感覚的には6日前〆切)。

週3回以上の注文が必要

土日は配達がない

・配達時間は地域によって決まっており指定できない(ただし遅くとも18時までには配達される)

・ご飯が少しやわらかめ(高齢者向け弁当ということだからかも)。私は気になりませんが…。

・お弁当ケースを軽く水洗いして次回返却するために保管しておく必要あり

・支払いは銀行引き落とし
クレジットカードのポイントが貯められない…。

まとめ 結局私が選んだのは

味を優先するならコープ

結論から言いますと、私はコープのお弁当が気に入りました。やはり毎日続けられる味がなにより大事です。

コープの場合、切迫流早産や産後は長く座って説明聞いたり書類描いたりするのが本当に辛いと思うので、元気なうちに登録・入会しておくといいと思いました!お弁当が不要な期間は休止をweb上からでも申し込めるし、再開もできます。

ゴミが出ないのもいいですね。エコのこともありますが、切迫流産(産後は赤ちゃんの世話)で動けないのでゴミ箱のゴミ袋交換とゴミ捨ての手間も省けるので良いです。

早さ・手軽さを優先するならセブンミール

セブンミールは登録が短時間にweb上で完結するのと、注文してからの配達が早い、注文回数に縛りがないのがいいですね。

でも私にはあの味がなんだかだめでした…。

価格比較

2人分注文で1日当たり

セブンミール:1296円(配達料込み)

コープ:1103円(2人分割引して)

となります。エネルギー・蛋白質量はセブンミールの方が多いので、一概に高いとは言えないですね。コープとの栄養量の差はヨーグルト1食分(120g)くらいなので、トータルで考えるととんとんでしょうか。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする